カテゴリー
Uncategorized

結婚できない女性の特徴や理由は何でしょうか?あなたは当てはまりますか?どうすれば上手くいくんでしょうか?

結婚できない

結婚できない女性の特徴は何でしょうか?あなたは当てはまりますか?

結婚したいと思って婚活をしている年頃の女性もいっぱいいると思いますが、うまくいかないと結婚できないのではないかと不安になってきてしまうと思います。今回は結婚できない女性の特徴について、紹介しますのであなたはその特徴について該当していないか確認してみてください。

まず1つ目の特徴は、1人が好きで休日を一人で過ごすことが快適だと思ってしまう人です。仕事が忙しくて平日には婚活できない人にとっては、休日にストレスや疲れを解消しなくてはいけませんが、一人で過ごすことが好きな人には婚活で時間がつぶれるのは苦痛になってしまうので、なかなか交際に発展しません。

また、外食や旅行など全てのことを一人で実行することができるので、パートナーを探すモチベーションが高くないので行動力が低くなってしまいます。2つ目の特徴は、自己主張が強く自分勝手にふるまってしまう人です。

女性であれば、多少のわがままはかわいいと思ってもらえることもありますが、自分本位の考え方ばかりしてしまう人は、最初のうちは相手が合わしてくれますが、そのうち相手が疲れてしまうこともあります。あなたは結婚できない女性の特徴にあてはまりましたか?もし該当してしまっているのであれば、変われるように努力することも大切です。

結婚できない女の性格の特徴ってあるの?どうすれば上手くいくんでしょうか

結婚を望まず、独身貴族で自分ひとりの生活を楽しんでいる女性もいます。しかし結婚したいけれどできない女性の場合は、何か性格が問題となっている事もきっとあるはずです。

まずは結婚したいと思っていても、自分から動き出さず待ってしまっている場合、異性と話す事に抵抗を感じている場合は出会いさえ満足に無い状態だと想定されます。出会いがあったとしても、そこから恋愛関係に発展しなければ結婚できないわけですが、性格的には何でも自分でやってしまったり、相手にうまく頼ることが出来ない強い女性というのが傾向として見られます。

女性の社会進出とともに、女性はどんどん強くなっていますし男性がいなくても一人で何でもできてしまう方が多いです。男性は少なからず頼られたいという願望があります。

逆に甘えたり頼りたいという男性もいるかもしれませんが、それは少数派です。理想が高すぎる自分勝手な女性も結婚は遠いです。

年収や容姿、学歴など様々な事を相手の男性に求めすぎていると見つからない場合もあります。性格というよりは、単に理想が高すぎるというのもありますが、相手を受け入れることが出来ず自分の考えが正しいという思いが強い女性はモテません。

結婚したいのにできない女性にはどんな理由があるか?

結婚できない女性にはどんな理由があるでしょうか。様々な理由が考えられます。

もちろん結婚したい場合ということが大前提です。結婚は幸福の唯一の条件ではないため、あえて独身を選んでいる女性も非常にたくさんいます。

心から独身生活を楽しんでいることでしょう。結婚できないのではなく、しないという選択です。

結婚したいのにできない場合として最も大きな理由は、機会がないことです。職場や知り合いにお年頃の異性がいないなら、チャンスはありません。

ひと昔前は、世話好きな人がいてお見合いのお世話をしてくれました。しかし個人主義でプライベート重視の現代では、そういった仲介人が動いてくれることは稀です。

チャンスはあるけれど、結婚できないという場合もあります。職場には男性がたくさんいるのに、付き合う段階にさえいきません。

そうした場合で単に、ふさわしい相手がいなかったということです。異性であればだれでも良いわけではなく、性格や価値観などがある程度一致している必要があります。

たまたま職場にはいなかったと考えられます。生涯を共にする人を選ぶわけですから、時間がかかっても当然です。

結婚できないから自分には魅力がないと考える必要はありません。

カテゴリー
Uncategorized

結婚できない女には共通点があるのか?その痛い内容と就いている仕事の特徴は?年収の低さが原因?

結婚できない女には共通点があるのか?その痛い内容とは?

現在は以前と比較すると積極的に異性が出会う機会が減少していて、結婚できずに悩んでいる人は性別に関係なく増加傾向にあります。その理由は価値観が合わなかったり経済的な面が大きく影響していますが、本人が持っている生活や習慣で望んでいても結婚できない女の人の割合が高くなっていると言えるでしょう。

結婚できない女性に多いのは自分のことを考えずに相手に高い理想を持っていて、自分にはいつか適した男性が出現すると信じて、妥協しないという痛い性格が大きく関係しています。痛い女性は実家で暮らして独立した経験が少ない人の割合が高くなっていますが、これは自分の世界を中心に考えて他の要因を排除することが強くなっているからです。

そのため結婚に対しても現実的な部分を排除して誰もが希望するような内容を求めるのですが、そこには自分を認めてくれる相手の感情に対する配慮がありません。結婚は男性と女性の双方が相手を理解することで成立するのですが、痛い女性の場合は相手にばかり理想を求め、自分自身を相手に認めてもらうような努力を怠りやすくなっています。

男性が女性に求める内容は以前のように見た目といった外見ではなく、持っている内面が重要視されるようになっているので自分を磨く努力が必要です。

結婚ができない女性が就いている仕事の特徴はあるのでしょうか?

結婚できない女性にはいろいろ特徴はありますが、性格だけではなく就業している仕事にも結婚に向いていないものなどがあります。結婚が難しくなる代表的な仕事として医者が有名です。

その理由は仕事が忙しくて、時間の多くが仕事の時間に奪われてしまい、出会いの場も少なくてデートをする時間も確保することが難しいためです。また、医者の場合は年収も高くなってしまうのがネックとなってしまい、男性が自分より年収の高い女性だと気持ち的にひるんでしまうため交際に発展しないことが多いためです。

医者だけでなく、業務量が多くて年収の高いキャリア志向の仕事に就いている女性は結婚ができない可能性が高いです。毎日忙しく働いていると、家に帰ってから家事をする気力もないため、一人暮らしをしている方が気が楽だと思ってしまうことが多いです。

最近では共働きも増えているので、家事は夫婦で協力して行うものという認識になってきていますが、どうしても女性への負担が増えている家庭が多いのも現実です。そのため、仕事と家庭を体力やスキル的に両立できる自信がなく、経済的に安定している人にとっては、無理して生活を変える方がリスクが高いと判断してしまう人も多いのが現実です。

そのため、年収が低い人の方が結婚に対するハードルが低くなってしまいます。

結婚できない女性は年収の低さが原因ですか?少なくても見込みはありますか?

ゆとりのある結婚生活を実現するためには、ある程度の世帯年収が必要となることは誰しもが感じていることでしょう。日本の給与所得者の平均年収はおよそ400万円から450万円で、男性の場合は500万円前後、女性の場合は300万円前後で推移しています。

両方の年収を合計すると余裕を持てる暮らしとなれるのではないかとも考えられますが、転職や退職に加えて家族構成の変化(子育てや介護)など不確定要素も多くあるため、結婚すれば暮らしが安定するとは言い切れない部分もあります。特に女性の場合には、結婚や出産を機に仕事から離れるという例が現在も少なくありません。

そのために一部の男性には「自分の年収だけでは十分に家族を養っていくことができない」と判断して、女性にも高い年収を求め働くことを継続して欲しいと希望する傾向が見られます。年収の低い女性は、その段階で対象から外れてしまい、結婚ができないと思い込む人もいらっしゃいますが、世のすべての男性がそのような考えを持っているとも限りません。

自分がしっかりと稼ぎ、女性には家庭を任せたいという価値観の人も見られます。家事のスキルをアップさせることや、見た目を磨き女性としての魅力を高めることで年収の低さをカバーし、より良い男性と結ばれるケースも多いものです。